MENU

ヘルペスについて記事一覧

ヘルペスは、英語でHerpes、疱疹(ほうしん)という急性の炎症性の皮膚疾患です。その中でもヘルペスという名称の場合は、単純疱疹や帯状疱疹といった症状を指します。単純疱疹とは?ヘルペスには、人間が感染するもので8種類のヘルペスウイルスが存在します。そのうち上半身に感染するものと下半身に感染する2つの種類が単純疱疹になります。つまり、カラダのどこにでも感染する可能性があるのです。しかし、実際に症状と...

辛いヘルペス。できるだけ早く直したいと考えるのは当然ですが、実際にはどうしたらいいのか、どういうことに気をつければ早く治るのか、ポイントをご紹介します。口唇ヘルペスの場合1.医師への受診・抗ウイルス薬を飲むヘルペスは自然治癒は基本的にはしません。ですので、まずは、ヘルペスの増殖を抑える抗ウイルス薬をもらうのは第1段階となります。外用薬は市販もされていますが、外用薬は、初感染には使用できないことや、...

アラセナS口唇ヘルペスの再発治療薬で、第一類医薬品。クリームタイプと軟膏タイプがあり、3つの抗ウイルス作用により単純ヘルペスウイルスの増殖を抑制します。ビダラビンという成分を配合しており、どちらのタイプも同量が配合されています。1日一回の塗布で十分に効き目が発揮されます。ヘルペシアクリーム口唇ヘルペスの再発治療薬で、第一類医薬品。クリームタイプでアシクロビルという成分を配合しています。1日3~5回...

口のヘルペスはなぜ起こる?原因は?口のヘルペスの原因は、元々をたどれば、他人からの感染です。患部への直接的接触(キスなど)や間接的接触(タオル・食器など)によっても起こります。感染経路は恋人かもしれませんし、親かもしれませんし、祖父母かもしれませんし、友達かもしれません。いつどこでヘルペスウイルスを感染したかというのを特定するのはほぼ不可能です。(もちろん、よく知らない人と初めて性交渉をした翌日な...

口唇や性器に感染することの多いヘルペス。結論から言えば、このヘルペスという病気は他人へうつります。では、どうやって感染してしまうのかを見ていきましょう。ヘルペスは直接関節問わず接触によって感染する患部となる口唇や性器の接触、つまり性交渉やキスによってうつる可能性は高いとです。また、それだけでなく、患部に触れた手での接触や便座やタオルといった患部が触れたとされる間接的な接触であっても感染の原因となり...

性器ヘルペスは、HSV-2(単純ヘルペス2型)が主な原因となる赤いブツブツからの水ぶくれ・痛み・痒みなどの症状が出る性感染症です。発症箇所は性器・お尻周辺など下半身になります。オーラルセックスなどでHSV-1(単純ヘルペス1型)に感染することがありますが、この場合の一年以内の再発の可能性は2割ほどと高くはありません。性器ヘルペスは、ほぼ性行為により起こります。お風呂で吹いたタオル、便座などからも起...

ヘルペスウイルスというものは160種類あるという報告もありますが、人間がかかるのは、そのうち8種類だけです。単純ヘルペスウイルスHSV-1口唇を主とした上半身に再発するヘルペスウイルスです。ただ、HSV-1がオーラルセックスなどにより性器に感染するケースもありますが、HSV-1で感染した場合は、再発する可能性は低いとされています。症状が重篤化すると脳炎を起こす可能性もあります。HSV-2性器ヘルペ...